有紀子の世間話

ゆきこの日記

この部分を変えていけば、東京はトップを争えるようになるとの見方を示した。

ロンドンは12年の五輪開催を機に海外からの訪問客数などのスコアを伸ば し続けている。
4位のパリは15年の同時多発テロの影響で居住の順位を落とし、スコアを下げた。
東京を分野別にみると、昨年11位だった交通・アクセスが6位に浮上。
羽田空港で国際線直行便の就航都市数が増えたことなどが寄与した。
今回の調査では昨年までの指標だった国際線旅客数を国内・国際線旅客数に変更したことも影響し、国内都市への就航が多い東京のスコアが伸びた。
文化・交流は昨年の5位から4位に上昇。
訪日外国人客など外国人受け入れ実績や美術館・博物館数など集客施設の評価が高かった。
買い物や食事の魅力などの評価が高まったことも寄与した。
一方、経済は昨年の首位から4位に順位を落とした。
国内総生産の成長率が他都市に比べ低いことや為替の円安 傾向が響いた。
研究・開発の分野も昨年の2位から3位に後退。
研究者数や特許登録数はトップを維持したが、研究開発費でスコアを下げた。
昨年は賃貸住宅の平均賃料や物価水準が割安と評価され、6位に浮上した居住は14位に下がった。
新たな指標になった社会の自由度・公正さ・平等さで女性の社会進出の遅れが足を引っ張った。
森記念財団の市川宏雄理事は1~2年後に東京とニューヨークの競争は激化するだろうと指摘。
ビジネス環境や人材の豊富さで首位のロンドンに後れを取っていることを念頭にこの部分を変えていけば、東京はトップを争えるようになるとの見方を示した。
じゃあ、気になるキーワード「育乳ブラ」の掲示です。
育乳ブラ
そもそもバストサイズには個人差があります。生まれながらにして大きく育ちやすい遺伝子を持っている人もいれば持っていない人もいますが、たとえば「親が巨乳だから娘も巨乳になる」というような遺伝的因果関係は確認されていません。
体質や個人差によって違いがあることは確かですが、実は先天的な要因はそれほどウェイトが大きくないということも知っておきましょう。
では、何が大きな違いを生み出しているのかというと、それは「後天的な要因」です。