有紀子の世間話

ゆきこの日記

技術力のレベルを上げるには研究者が社外でもまれる必要もある。

明治以来、日本の製造業は機械工学、電気工学、材料工学などの知識を磨いて発展してきた。
しかし、求められる知識のセットは今や一変したと、センター長の松島克守東大名誉教授は解説する。
AI、ネット、IoT……のセットが新たに求められるようになり、それらを身につけた人材を養成できるかが競争力を左右する。
一人の技術者に一通りの新しい知識セットを習得させるのは経営のスピードを上げるためだ。
約600人いる開発技術者の10%をセンターで学ばせたい。
修了後は新事業創造のプロジェクトリーダーなどに起用すると森雅彦社長。
日本企業の人材育成は仕事を通じて技能を高める職場内訓練が一般的だった。
だが、AIな どは職場に教えられる人材が乏しい。
従来の延長線上にはない知識の体得には、育成方法も非連続の改革が必要というわけだ。
外部と交流するオープンイノベーションを進めるなかでAI人材の育成に力を入れるのは日立製作所だ。
昨年6月、北海道大、東京大、京都大とそれぞれ共同研究組織を設立。
大学内に施設を設け、3大学あわせ約30人の日立の研究者が常駐する。
京大とは生物の群れの統率の取れた集団行動を自動運転の渋滞緩和に役立てるAI技術などを研究する。
北大や東大とは高齢化、温暖化をはじめとした社会的問題への対策をビッグデータ解析などで立案する技術をめざしている。
日立もAI技術の蓄積はある。
だが顧客の抱える課題をAIで解くというとき、課題の内容 と解決に必要な技術には無限の広がりがある。
技術力のレベルを上げるには研究者が社外でもまれる必要もある。
自前主義はいよいよ限界だ。
それから話は変わって、ネイリストになるにはどうすればいいのかの前に、ネイリストの収入についてお伝えします。
ネイル講師になるには資格は必要ありませんが、職に就くためには一定の知識と技術を示す必要があります。
そして、その一定の知識や技術の目安になるのがネイリスト技能検定一級になります。
基本的にネイル講師を募集する際には、この検定一級を条件にしている事が多く、検定一級を持っている事がネイル講師になるには必要な最低条件になります。
ネイリストになるには