有紀子の世間話

ゆきこの日記

この部分を変えていけば、東京はトップを争えるようになるとの見方を示した。

ロンドンは12年の五輪開催を機に海外からの訪問客数などのスコアを伸ば し続けている。
4位のパリは15年の同時多発テロの影響で居住の順位を落とし、スコアを下げた。
東京を分野別にみると、昨年11位だった交通・アクセスが6位に浮上。
羽田空港で国際線直行便の就航都市数が増えたことなどが寄与した。
今回の調査では昨年までの指標だった国際線旅客数を国内・国際線旅客数に変更したことも影響し、国内都市への就航が多い東京のスコアが伸びた。
文化・交流は昨年の5位から4位に上昇。
訪日外国人客など外国人受け入れ実績や美術館・博物館数など集客施設の評価が高かった。
買い物や食事の魅力などの評価が高まったことも寄与した。
一方、経済は昨年の首位から4位に順位を落とした。
国内総生産の成長率が他都市に比べ低いことや為替の円安 傾向が響いた。
研究・開発の分野も昨年の2位から3位に後退。
研究者数や特許登録数はトップを維持したが、研究開発費でスコアを下げた。
昨年は賃貸住宅の平均賃料や物価水準が割安と評価され、6位に浮上した居住は14位に下がった。
新たな指標になった社会の自由度・公正さ・平等さで女性の社会進出の遅れが足を引っ張った。
森記念財団の市川宏雄理事は1~2年後に東京とニューヨークの競争は激化するだろうと指摘。
ビジネス環境や人材の豊富さで首位のロンドンに後れを取っていることを念頭にこの部分を変えていけば、東京はトップを争えるようになるとの見方を示した。
じゃあ、気になるキーワード「育乳ブラ」の掲示です。
育乳ブラ
そもそもバストサイズには個人差があります。生まれながらにして大きく育ちやすい遺伝子を持っている人もいれば持っていない人もいますが、たとえば「親が巨乳だから娘も巨乳になる」というような遺伝的因果関係は確認されていません。
体質や個人差によって違いがあることは確かですが、実は先天的な要因はそれほどウェイトが大きくないということも知っておきましょう。
では、何が大きな違いを生み出しているのかというと、それは「後天的な要因」です。

スターア ライアンスのシンガポール航空はコードシェアを決めた。

日航はかつて成田からカナダ経由でメキシコシティに運航していたが、経営改善の一環で撤退。
アエロメヒコ航空との提携でメキシコ路線に再参入する。
全日本空輸も2月に成田―メキシコシティ線を就航したばかりで、両社の競争が激しくなりそうだ。
日本―メキシコ路線では日系自動車メーカーや部品メーカーも多く進出しておりビジネス需要が高いほか、自然遺産などがあり観光需要が見込める。
日航はメキシコ内に路線網を持つアエロメヒコと組むことで、同国内での乗り継ぎを容易にするなど利便性を高める。
将来的には飛行機に乗るとたまるマイルでも連携を検討する。
メキシコ内で乗り継いだ アエロメヒコのマイルと日航のマイル交換などが想定される。
こうしたコードシェアやマイル連携は同じ航空連合の企業同士で取り組むことが一般的だった。
日航は航空連合の枠を越えた連携を活用することで、戦略的に重要な地域や自社だけでは困難な地域のネットワーク充実を目指す。
17年度に入って航空連合が違うか加盟していない海外航空会社と相次ぎ提携している。
ベトナムの格安航空会社最大手ベトジェットエアやインドの最大財閥タタ・グループ傘下のビスタラ、米ハワイアン航空はいずれも航空連合に所属していない。
世界的に航空連合の垣根を越えた提携が相次いでいる。
スターアライアンスに加盟する全日空は、スカイチーム加盟のベトナム航空と提携関係にある。
スターア ライアンスのシンガポール航空スカイチームエールフランスとのコードシェアを決めた。
あと、追加でこんな情報も。
真多呂さんが作るお人形は、小っちゃくて可愛い木目込み人形ですが、その中でも一際人気が高く、誰からも愛される聡明さと個性が相備わっているのが雛人形です。
そんな真多呂雛人形は「木目込み人形」の技を受け継ぎ、その技を磨き上げ、さらに現代の感覚が加わった人形です。
ですので、衣装人形なんかと比べると、雅のニュアンスを出していながら、ずいぶん現代的な雰囲気がしますね。
真多呂人形

イランとサウジの間に立ち、シリア和平を主導する姿勢を示した。

両国はロシアがソ連だった時代から対立関係にあり、サウジ国王の訪ロは史上初めてだ。
ロシア側は会談に合わせて両国の主要企業や閣僚が参加する大規模な投資フォーラムを開催。
国王が到着した空港からモスクワ市中心部への高速道路沿いに訪問を歓迎する看板を設置するなど歴史的な会談のムードを高め た。
サウジとロシアは昨年、石油価格を下支えするため石油輸出国機構加盟国と非加盟国が協調減産する取り決め実現へ連携した。
5月にはサウジの実力者ムハンマド皇太子がモスクワを訪問している。
エネルギー協力をテコにした両国の接近には地政学が作用している。
シリア内戦を巡り、ロシアとサウジは衝突する関係にある。
ロシアがイランと共にシリアのアサド政権の後ろ盾となる一方、サウジと米欧はアサド大統領の退陣を求め、シリアの反体制派を支援してきた。
現況はロシアの軍事支援を受けるアサド政権が圧倒的に優勢となっている。
サウジは敵対するイランが地域で勢力を拡大することに懸念を強めている。
サルマン国王は会談でイランに対し、内政干渉や地域を不安定化 させる行動の停止を求めると述べ、ロシアとの関係強化でイランをけん制する思惑をにじませた。
サウジの対ロ接近についてロシアではシリアへの介入が報われたとの声も出ている。
米トランプ政権はアサド政権を容認する方向に傾き、中東での求心力を低下させている。
プーチン大統領は国王との会談に先立つ4日、関係国の妥協と受け入れ可能な決定があれば、シリアを安定させることができると表明。
イランとサウジの間に立ち、シリア和平を主導する姿勢を示した。
話は変わってリファカラットの口コミ…いつも通りリファで力強くマッサージしてたら頬が “ピリッ” ってしたの。
肌荒れでもしてるのかと思って鏡を見たら、えっ!なにこれ!
頬に真っ赤な擦り傷のようなものができてて、触ったらヒリヒリ痛い…。
リファカラットでコロコロしようもんなら、痛くてそれどころじゃなかったんです。
リファカラットの口コミ

首相による臨時国会冒頭での衆院解散を大義がないなどと批判。

首相は解散後、首相官邸で記者団に急速に進む少子高齢化の中でいかに日本の未来、子どもたちの未来を切り開いていくかを問う選挙だと語った。
ただ批判の応酬ではなく、私たちの政策を具体的に、しっかりと、誠意をもって訴えていきたいと力説した。
これに先立ち首相は国家安全保障会議の関係閣僚会合を開催。
核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の情勢を協議した。
選挙期間中の対応に支障が出ないよう、政府の危機管理態勢を擦り合わせた。
首相はこの後、都内で連立を組む公明党山口那津男代表と並んで街頭演説した。
自公連立政権についてしっかりと政策を擦り合わせ議論をし同じ方向に進んでいると結束力を強調した。
山口氏 も政権基盤を固める選挙だ。
自公政権に託してほしいと支持を呼びかけた。
小池氏は都内で講演ししがらみの政治から脱却し、新しい日本、新しい東京をつくっていかないといけないと話した。
いま日本を、東京をリセットしないと世界の激動、潮流に日本は置いてけぼりになるのではないかと述べ、政権交代の必要性を訴えた。
選挙戦の争点の一つが消費増税の是非だ。
首相は増収分の使途を見直し、幼児教育無償化などにも振り向ける考えを示す。
希望は消費増税の凍結を掲げる。
憲法改正改憲を前提とした内容の議論だ。
首相は9条への自衛隊の根拠規定明記を主張。
小池氏は地方分権を優先するよう訴える。
首相の政治姿勢も焦点になる。
民進、共産、自由、社民の野党4 党は首相による臨時国会冒頭での衆院解散を大義がないなどと批判。
28日の衆院本会議を欠席した。
学校法人の加計学園森友学園を巡る問題の疑惑を隠すものだと断じており、選挙戦でも首相の説明責任を追及する。
じゃあ、気になるキーワード「LPSのサプリ」の掲示です。
LPSサプリ
LPSの1日の必要摂取量は、成人で500μg/gです。
このサプリメントには、パントエア菌LPSを高濃度で配合しているので1日1回、たったスプーン1杯を飲み物などに混ぜて摂取するだけでOKです。
これなら、毎日無理苦安定した量を摂取できます。

そうなっていないのは賃金の伸びが鈍く、家計の購買力が十分高まらないからだ。

イースリペアに配合されているライスパワーNo.11は、高い保水力を持っている他、本来皮膚が持っている水分保持機能を改善させる効果を持っています。
この改善効果は、ライスパワーNo.11だけが認められているもので、世界で唯一となっています。
一般的な保湿化粧品は、皮膚の表面を保湿成分がコーティングしています。
ライースリペア
さて、次はこんな情報です。
異例の金融緩和で日米欧の需要は押し上げられ経済が上向いているのに肝心の物価はそろって低水準。
根底には新興国から安いモノやサービスが流入していることや、労働者らの発言力低下で失業率が下がっても賃金や物価が上昇しづらい構造に経済が大きく変化していることがあるという。
FRBは20日の最新見通しで成長率を引き上げる一方、物価見通しを下げた。
日本も失業率は20年ぶりの低さになるなど雇用は逼迫の一途だ。
それでも消費者物価の上昇率は0.5%と低く、日銀は物価見通しの下方修正を繰り返している。
国際決済銀行のまとめでは、6月の物価上昇率が1%に満たない国は15カ国に上る。
アイルランドなど4カ国はマイナス 圏をさまよう。
成長期待の高いインドでも6月の物価上昇率が1.5%と8年ぶりの低水準。
国際通貨基金は2017年の新興国の平均物価上昇率が4.6%となり、先進国との差が過去最小に縮むと予想している。
低インフレの理由として考えられるのはまず原油安だ。
WTIは14年半ばの1バレル100ドルから下落し、最近は50ドル程度で推移。
このあおりで16年6月までは4%台だったサウジアラビア物価上昇率は17年1月に大きく下がり、今もマイナス圏にある。
原油安や新興国の通貨高が原因ならば低インフレも一時的な現象と割り切れるが、ルービニ氏の指摘のように、専門家の間ではダイナミックな構造変化に着目する向きが断然多い。
マクロ経済の通説にならえば景気回復でこれだけ雇用が引き締 まってくればインフレ圧力も高まってきそうなものだ。
特に日米の労働市場は良好で物価上昇の条件は整っているはずだが、そうなっていないのは賃金の伸びが鈍く、家計の購買力が十分高まらないからだ。

PB黒字化をポスト安倍時代に先送りする思惑も透ける。

経済財政諮問会議の資料によると、安倍政権のこれまでの歳出見直しを続ければ、国と地方の歳出は年1兆4千億~1兆5千億円抑制できるとしている。
国に加えて地方の歳出増が大幅に改まれば、当初目標より2年遅れの22年度には黒字化を達成できるという。
麻生太郎財務相は26日の閣議後記者会見で22年度か23年度かで目標をつくり上げないといけないと語った。
もう1つの試算は、増税で増える税収をすべて子育て支援などに振り向けるケースだ。
社会保障費の抑制も19年度以降は 緩む想定になっている。
この場合は黒字化は25年度まで遅れるという。
いずれのケースも経済成長率は実質2%の高成長シナリオを前提とした。
足元の景気は6四半期連続のプラス成長で、17年4~6月期は季節調整済みの前期比年率換算で2.5%だった。
ただ経済の実力を示す潜在成長率は内閣府の推計で1%どまり。
平均して実質2%の成長をこの先も続けるというハードルは高い。
高成長の前提が崩れれば、黒字化目標は一段と遠のく。
財務省内閣府国際公約でもあるPB黒字化目標を重視しており、先送りするとしても最小限に抑えたい考えだ。
一方、首相官邸の周辺には経済成長の底上げを優先し、結果として財政健全化につなげる論者も多い。
政府は6月にまとめた経済財政運 営の基本方針でPB黒字化と並列して、債務残高の国内総生産比率の安定的な引き下げも目標に掲げた。
今のように低金利が長引く下で経済成長が続けば、なかば自動的に改善する指標といえる。
今のルールでは安倍政権は最長21年9月まで。
先送り幅を2年以上とする背景には、PB黒字化をポスト安倍時代に先送りする思惑も透ける。
じゃあ、気になるキーワード「マルチポリフェノール」の掲示です。
マルチポリフェノール
昆布やわかめなどの海藻に含まれているポリフェノールは「フロロタンニン」といって、分子サイズが大きいという特徴があります。
このポリフェノールが注目されている理由は、消化酵素であるリパーゼの働きを阻害するためです。
リパーゼは脂肪を分解して吸収しやすくする酵素であり、リパーゼによって分解されなかった脂肪は吸収されないまま体外に排出されてしまいます。

技術力のレベルを上げるには研究者が社外でもまれる必要もある。

明治以来、日本の製造業は機械工学、電気工学、材料工学などの知識を磨いて発展してきた。
しかし、求められる知識のセットは今や一変したと、センター長の松島克守東大名誉教授は解説する。
AI、ネット、IoT……のセットが新たに求められるようになり、それらを身につけた人材を養成できるかが競争力を左右する。
一人の技術者に一通りの新しい知識セットを習得させるのは経営のスピードを上げるためだ。
約600人いる開発技術者の10%をセンターで学ばせたい。
修了後は新事業創造のプロジェクトリーダーなどに起用すると森雅彦社長。
日本企業の人材育成は仕事を通じて技能を高める職場内訓練が一般的だった。
だが、AIな どは職場に教えられる人材が乏しい。
従来の延長線上にはない知識の体得には、育成方法も非連続の改革が必要というわけだ。
外部と交流するオープンイノベーションを進めるなかでAI人材の育成に力を入れるのは日立製作所だ。
昨年6月、北海道大、東京大、京都大とそれぞれ共同研究組織を設立。
大学内に施設を設け、3大学あわせ約30人の日立の研究者が常駐する。
京大とは生物の群れの統率の取れた集団行動を自動運転の渋滞緩和に役立てるAI技術などを研究する。
北大や東大とは高齢化、温暖化をはじめとした社会的問題への対策をビッグデータ解析などで立案する技術をめざしている。
日立もAI技術の蓄積はある。
だが顧客の抱える課題をAIで解くというとき、課題の内容 と解決に必要な技術には無限の広がりがある。
技術力のレベルを上げるには研究者が社外でもまれる必要もある。
自前主義はいよいよ限界だ。
それから話は変わって、ネイリストになるにはどうすればいいのかの前に、ネイリストの収入についてお伝えします。
ネイル講師になるには資格は必要ありませんが、職に就くためには一定の知識と技術を示す必要があります。
そして、その一定の知識や技術の目安になるのがネイリスト技能検定一級になります。
基本的にネイル講師を募集する際には、この検定一級を条件にしている事が多く、検定一級を持っている事がネイル講師になるには必要な最低条件になります。
ネイリストになるには

効果や安全性の検討を重ね、3~4年後に臨床研究を始めたい考えだ。

肺がんの一種を発症させたマウスにウイルスと抗PD―1抗体を併用すると、約40日生き続けた。
何もしないときの生存期間約20日や、ウイルスや抗体をそれぞれ単独で投与した場合の約30日に比べ、延命効果が高まった。
遺伝子改変したヘルペスウイルスには、患者自身の免疫を活性化する作用が備わっているという。
藤堂教授はがん免疫薬ががんによる免疫のブレーキを解除し、ウイルスが免疫が攻撃する矛先を示すことで効果が高ま ったと推測する。
岡山大の藤原俊義教授らは風邪の原因になるアデノウイルスの遺伝子を操作したテロメライシンと呼ぶウイルスを利用した。
このウイルスは、がん細胞で酵素テロメラーゼが活発に働く環境で増殖し、正常な細胞では増えない。
実験で大腸がんのマウスにウイルスと抗PD―1抗体の両方を投与すると、腫瘍の成長が抑えられた。
12匹のマウスのうち4匹は腫瘍が消えた。
千葉県がんセンター研究所の田川雅敏部長らは改変したアデノウイルスと、がん抑制遺伝子の働きを助ける薬剤MDM2阻害剤を併用した。
対象としたのは、石綿を吸い込むなどして発症するがんの一種、悪性中皮腫だ。
細胞の実験では、がん細胞にウイルスだけを投与する場合に比べ、併用では約4倍の細 胞が死滅した。
アデノウイルスを感染させた中皮腫の細胞では、がん抑制遺伝子p53が活発になり、細胞死を起こすという。
田川部長は薬剤がp53の働きを助けることで相乗効果が出るとみる。
効果や安全性の検討を重ね、3~4年後に臨床研究を始めたい考えだ。